カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「HDD 」カテゴリ記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無限ビットで容量無限のハードディスクへ道 九工大など新現象発見

容量無限のハードディスクへ道 九工大など新現象発見

発見したのは、電子の回転でできる微小な磁石(スピン)が変化する現象。外部から磁力を与えると電気抵抗が無限大になる。多重の信号で記憶でき、「無限ビット」の記録媒体が実現できる可能性がある。

適用すれば、HDDの容量が一気に数倍になる技術となるのでしょうか。

いずれSSDに駆逐されるかと思っていたHDDですが、容量差がまた開きそうで、データ保管庫としてのHDDは当分安泰になりそうです。

まあ、数年後はローカルにデータ保存ではなく、クラウド上に保存するのが一般的になって、ローカルのHDD容量を気にする必要のない時代になっている可能性も。

SeagateがSamsungのHDD部門を統合

4月19日、SeagateがSamsungのHDD部門を統合することなりました。

Western Digital(←日立グローバルストレージテクノロジーズ)
Seagate(←Samsung)
東芝(←富士通)

HDD事業の集約が進んでいますね。
HDDメーカーが減った影響でTDKの株価が年初来最安値となっているようです。
メーカーが減ると価格競争が減りそうでちょっとやな感じ。


メモリに関しても2社か3社に統合されるという話も聞きますし、PCは儲からない商売なんだなぁと実感しています。

日本メーカーで頑張ってるのはHDDとメモリくらいなので、もっと頑張ってほしいところ。

BeyondRAIDテクノロジー搭載のUSB 3.0対応モデル「Drobo S」

HDD容量を気にすること無く、HDDを追加していくことが可能なBeyondRAIDテクノロジーを搭載したDroboに、USB 3.0対応モデル「Drobo S」が加わりました。

データロボティクス、USB 3.0対応の5ベイ搭載外付けHDDケース「Drobo S」
Drobo Sは、3.5インチSerial ATA HDDを最大5基搭載可能な外付けHDDケースで、USB 3.0/eSATA/FireWire800接続に対応したモデルだ。


USB3に対応したことで、より巨大なファイルをバックアップしたりする環境で威力を発揮しそうですね。

ただ、10万円ほどと価格が高いのがネックです。
USB 3.0対応だけにして値段がもっと下がれば…と思いましたが、2万も3万も下がるのを期待するのは無理でしょうか。

AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。