カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「GPU 」カテゴリ記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「GeForce GTX 690」ベンチマーク速報

ウルトラハイエンドビデオカード「GeForce GTX 690」ベンチマーク速報

GeForce GTX 590とGeForce GTX 690の消費電力を比較したグラフがないのは残念ですが、ワットパフォーマンスはそんなに悪くないという話なので、情報通りならGeForce GTX 690はかなり良さそうな感じですね。

これまでnVIDIAのハイエンドGPUといえば、速いけど爆熱、高消費電力といった要素まで付いてきて、正直どうなんだろうと思うことがありましたが、改善されていそう。

価格は999ドルということでしたけれど、日本では予価は約12万円ということです。

円高で1ドル80円なのですが・・・

Radeon HD 7970のアイドル時の消費電力が3W以下って凄いな



28nmプロセスの効果なのか、Radeon HD 7970のアイドル時の消費電力は3W以下となるようです。
まあ最大消費電力は250Wということなので、フルロード時はかなりの電気食いみたいではあります。
高出力の電源はやはり必須みたい。

PCI Express Gen3対応はおいておいて、DirectX 11.1は何が変わるのでしょうかね。
というか、Direct Xのバージョンアップが来月にあるということなのかな?
まさかWindows8の登場まで待たされたりして。

GeForce GTX 560Ti with 448 Coresといいつつ、中身はGeForce GTX 570の劣化版?

・CUDAコア数
 GeForce GTX 570 >480
 GeForce GTX 560Ti with 448 Cores >448
 GeForce GTX 560Ti >384

・グラフィッククロック
 GeForce GTX 570 >732MHz
 GeForce GTX 560Ti with 448 Cores >732MHz
 GeForce GTX 560Ti >822MHz

プロセッサー(CUDAコア)クロック
 GeForce GTX 570 >1464MHz
 GeForce GTX 560Ti with 448 Cores >1464MHz
 GeForce GTX 560Ti >1644MHz

・メモリークロック
 GeForce GTX 570 >3800MHz
 GeForce GTX 560Ti with 448 Cores >3800MHz
 GeForce GTX 560Ti >4008MHz

・メモリーインターフェース幅
 GeForce GTX 570 >320bit
 GeForce GTX 560Ti with 448 Cores >320bit
 GeForce GTX 560Ti >256bit

・メモリー容量
 GeForce GTX 570 >1.2GB
 GeForce GTX 560Ti with 448 Cores >1.2GB
 GeForce GTX 560Ti >1GB

・TDP
 GeForce GTX 570 >219W
 GeForce GTX 560Ti with 448 Cores >210W
 GeForce GTX 560Ti >170W


GTX570はイメージが悪いので、好評な560Tiの名称を使ったといったところでしょうか。

売れ行きは発熱と消費電力が改善されているかどうかにかかっていると思いますが、TDPの下がり具合を見るかぎり微妙。
AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。