スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSD(MLC)の書換え可能な回数と寿命の関係

SSDの信頼性は、すでにHDDを超えている
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0225/mobile444.htm

以前読んだ記事ではSLCが10万回、MLCが1万回書き込み回数の耐性があるということを
記載していたと思いましたが、何時の間にやら1/3以下に減っています。
増えるならともかく、減るなんて・・・
>SSDの寿命は、同一セルへの書き込み回数で決まる。微細化が進んだ事やMLC化によって回数は以前より減っているのが現状だが、それでも現在、3千回が保証されている。
製造プロセスの微細化が進むとそれだけ情報を保持しておくのが難しいのでしょうか?

ただ後述されていますSSDの書き込み可能容量を算出する計算式によると、
書き込み回数が1/3に減った場合、SSDの容量が3倍になれば減った分についてはカバー出来そうです。

製造プロセスの微細化を進めて大容量フラッシュメモリを作る方が
コストも下がるし寿命が延びることにも繋がるので正しい選択なんでしょう。


>SSDの空き容量が少なくなってくると平準化する場所がなくなり、予定より遙かに寿命が短くなるのではと思う方もいるだろう。しかし、書き換えの平準化を行なう機能には、すでに記録されているセルの位置を移動させる機能も含まれているのだという。
SSDを使う場合は空き容量を半分以上確保しなければ寿命が縮む、
というのは都市伝説で確定と考えてもいいのかな。

確かに一度書き込んだセルを移動させないような処理をおこなっていると、
空き容量部分の特定セルに書き込みが集中してしまいますからね。

こういった情報がSSD当初から公表されていれば、
あれこれと対策に試行錯誤する労力が軽減されていたでしょうに。
(逆にその辺りが面白いと感じる部分もあったのですが)


まとめ
○SSDの空き容量と寿命は関連性が無し

○43nmプロセスのMLC NANDフラッシュが保存したデータを保持できる期間は最低5年

○読み込みは寿命に影響しない

○SSDの書き込み可能容量方程式
- 書換え可能数×SSD容量÷書き込み効率 = 書き込み可能容量

※書換え可能数 MLC=3,000、SLC=100,000(?)
書き込み効率 書き込み効率
(NANDフラッシュメーカーごとに異なる)


結局のところ大容量のSSDの方が寿命に対して有利ということになります。
単純計算で1TBの容量のMLCモデルの寿命は、32GBのSLCモデルと同等と言うことに・・・
これはSLCの寿命が長すぎると見ておくべきでしょうか。




コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。