スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立体表示の最適デバイスはCRTモニタ

佐藤カフジの「PCゲーミングデバイス道場」
もはや常識?のヘッドトラッキングに、NVIDIAが本腰を入れる3Dグラス
手が届かなさそうで届いてしまうVRデバイスをチェック!
>現時点で最も可能性があるとすれば、今や絶滅危惧種のブラウン管モニタを使う方法だ。22インチクラスの大型ブラウン管PCモニタであれば、 1,024×768ドット以下の低解像度で120Hzを出力できる機種もある。ただ、出力できるとはいっても普通はそのようなリフレッシュレートを公式にサポートしていないため、無理に使えばモニタが壊れる可能性すらあるので積極的にお勧めはしない。

いまだT765が現役なのに絶滅危惧種指定ですか・・・
10年使うつもりで買ったからあと2年は持たせる、かも。
買った当時は液晶に取って代わられるとは全然思っていませんでした。

久々にIOの3Dメガネをつけてドライバの再設定を行ったところ、
テストツールでは1024*768の解像度で200Hz指定を行い表示可能でしたが
実際のゲームで起動するとなぜか120Hzまでしか利用できませんでした。
アプリ側の制限でしょうかね?

とりあえず液晶モニタで120Hz表示させるには

Samsung「SyncMaster 2233RZ」
ViewSonic「FuHzion VX2265wm」

という機種があるようです。

国内で流通していないようなので3D表示を楽しんでみたい人は個人輸入、
またはCRTモニタをオークション/中古ショップ巡りで手に入れるくらいしかないのですかね?

状態のいいCRTモニタってまだあるのかは不明ですけれど。




コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。