スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows7のSSD対応についての記事

Windows 7の実像 Part 5 OSのSSD対応とエンハンスドストレージ
これによるとWindows 7は、ストレージインターフェース規格「ATA8-ACS」コマンドで
SSDとHDDを判別するとのこと。
具体的にはHDDの回転速度を確認する値で識別するようです。
SSD 0001h
HDD 1C20h (7200rpmの場合)


SSDと認識したら自動デフラグの停止、NVMHCIでの動作(SSD版のAHCIのようです)
といったことを予定しているようです。

またSLCとMLCを組み合わせた使い方なども考えられているようで、
来年もSSDから目を離せなさそうですね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。