スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ExtremeFFSでプチフリ解消?

SanDisk、SSD向けファイルシステム「ExtremeFFS」を解説~“プチフリ”と無縁な、高速化技術

NANDでは1ページのサイズの書き換えであっても、丸々1ブロックを消去し、別ブロックにほとんど同じデータを書き込む手順が必要となる。 Barnetson氏によると、この作業には概ね200ms程度かかるといい、ランダムライトが多発する状況では、SSD/OSのレスポンスが体感できるほど悪くなることがある。これが一部のユーザーの間で話題になっている「プチフリーズ」の正体だ。


プチフリの原因についてアレコレと推測はあったのが、この情報で確定でしょうか?
これならSSDを使い始めた当初は発生しないというのも判ります。
やっぱり、コントローラーがショボイと発生するのかな。

しかし一部ユーザって2chのSSDスレ住人の事ですね

ExtremeFFS技術を使ったSSDは2009年から出荷される見込みで、基本的にハイエンド製品に採用される。同社では、この技術をライセンスする予定はないので、同社製品のみの特徴となる。


SanDisk製SSDって自作PCパーツとして販売していたかな、と思って調べてみたけれど
日本では全然見かけないですね。
組み込み向けや企業向けに販売はしているようなのですが・・・

[送料込]容量30GB OCZ SSD Vertex Series OCZSSD2-1VTX30G
[送料込]容量60GB OCZ SSD Vertex Series OCZSSD2-1VTX60G
[送料込]容量120GB OCZ SSD Vertex Series OCZSSD2-1VTX120G
[送料込]容量250GB OCZ SSD Vertex Series OCZSSD2-1VTX250G

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。