スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSDの価格下落の為の土台が出来てた

エレコム、実売14,800円からのSATA対応高速SSD
エレコムまでSSD販売の開始。
速度的に他のメーカーと中身は同じものでしょう。
どっかのOEM?

つまるところ現状販売されているSSDの中身はインテル以外、
どこぞのフラッシュメモリとJMicronのコントローラで構成されているものと思います。

要はHDDのように専門的な技術無しで、チップさえ調達すれば
簡単に(?)何処のメーカーでもSSDを作れるような状況になっているようですので、
ワラワラと各社SSDを発売している感じですかね。

そうするとフラッシュメモリの調達能力があれば、どんどん値段が下げれる事になり
競合も多いので現在投売りされているSDカードのように一気に大容量化or低価格が進むのかなと夢想。

今のJMicronチップはフリーズ問題の懸念が消えないので、
2009年以降に改修バージョンでも出る事を祈りつつ模様眺めしているのが賢い選択でしょうか。

インテルのSSDの値段が1/3程度になればすぐにでも欲しいですが。





インテル X25-M Mainstream




バッファロー 2.5インチSerialATA内蔵SSD 30GB SHD-NSUM30G


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。