SpursEngine搭載「PxVC1000」は3万円台

CETAEC JAPAN 2008【東芝編】
>再生ソフトの「WinDVD」で、SpursEngineのミドルウェアで提供されている超解像アルゴリズムを利用した、アップコンバートも可能となっている。PxVC1000は10月下旬の発売を予定しており、価格は3万円台の見込み。

値段的にPCに搭載する意味が大分薄れたかな。
(PS3でいいのでは、とどうしても思ってしまうので)

東芝がCellTVで搭載予定の超解像アルゴリズムを使った熟成機能
(動画を時間をかけて綺麗にアプコンするらしい)が使えるなら、
PS3との差別化になるんですけどね。

そのあたりはCellTVの目玉機能にしそうだし、搭載は無理ですかね。


WinFast PxVC1100

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking