スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nehalemの第1世代は短命っぽい

IDF Fall 2008 - Nehalemレポート - Memory周り・省電力機構・Platformなど、総アップデート
どうもUnbuffered DIMMの場合、Core i7内蔵コントローラはメモリバスの駆動力がそれほどないようで、DDR3-1333の2枚刺しすら出来ないとの事(というか、2枚刺すと自動的に1200MHzにクロックダウンされるそうだ)。

やはりメモリ周りも不安要因かな。

メモリの相性問題やら、ソケットが1世代で終了するような事をどっかで見たような記憶もあるしで、ヒトバシラーな雰囲気プンプンなので、飛びつくのは危険と判断しました(笑)


かといってIP45のマザー選びが難航しているのですが・・・

「でも売れる?かな、速いし」 (9/3)
-----某ショップ店員談
 早ければ来週にも発売されそうなIntel製SSD。MLC/80GBモデルで価格は約¥80,000程度になるのではないかとのこと。


インテルの初物は地獄だぜー。

・・・チョット高杉。
起動用にSSDを考えていましたが予算3~4万程度なので。
確実に値下がりするモノですし、貧乏性には辛い選択。


Core 2 Quad Q9550

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。