スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメは“量産化”の罠にはまった

日経で珍しいアニメの記事。

アニメは“量産化”の罠にはまった
DVDマーケットの成長の陰りや海外での相場下落以外で、問題視されているのが原作の枯渇である。少年漫画誌は言うに及ばず、青年漫画誌、小説、ライトノベル、ゲーム、さらに同人誌やアダルト雑誌、アダルトゲームまで、アニメ化できそうなポテンシャルを持った作品は、あらかた手をつけてしまった。

単行本2,3巻でアニメ化するような状況だからねぇ・・・
そりゃ原作クラッシャーが増えるわさ。
DVDが売れないのは作品数が多いのと単純につまらない作品が多いことがあるとは思うだけど。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アニメ量産化しすぎて大ピンチ?
アニメ関連の企業が一部を除いて厳しい状態とのことで、大量供給していたら飽和するわな。それに昔と比べて小説やコミックのアニメ化されるまでがやたらと早く、まだ原作が数巻しか発売していないタイトルや、もうす
AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。