スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tバイトに達するメモリチップの開発

MEMS利用のTバイト級メモリー、Nanochip社が09年にサンプル出荷へ (2008/01/28)
当初のサンプル品のセル面積は15nm×15nmで、記憶容量が約百Gバイトの予定である。
「Nanochip社の技術は、フラッシュ・メモリーに比べて極めて大きな記憶容量を、低いGバイト当たりのコストで実現するものだ」と述べる。

HDD用に欲しいです。
これだけの容量があればSSDイラネ、の世界ですね。
実用化されればSSDはノートPC用になるのかな。

DDR2版のi-ram後継となりそうなANS-9010はちっとも出る気配がないですし(笑)




i-RAM Rev1.3

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。