スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AMDは当分低空飛行を継続

AMD、Phenomシリーズの出荷時期を変更
せめて性能面でCore2を上回ればまだ救いはあるのに、
発売は遅い、性能はイマイチ、消費電力もイマイチ・・・とAthlon64X2でインテルを圧倒していた頃の面影は何処にやら。
買収したATIのRADEONも性能面でnVIDIAに追いつけなくなっているように見えるので、お先真っ暗状態でしょうか。

一強体制になるとろくでもないので、復活して欲しいのですが今年中は厳しそう。
ネハレムで止めを刺されるのか、ネハレムが(何かの理由で)こけて助かるのか。

せめてWindowsが64bitに移行していたら64bitの高性能&インテルがイマイチな分だけ挽回できていたかも、と思ってみたり。

>ゲーマー向けPC以上に、人々が実際にデスクトップPCで4コアチップを望んでいるという証拠はまだほとんど無い。4コアを要求するレベルまでマルチタスクで作業している人もあまり多くはない。しかし、これはAMDが自社のイメージを回復する助けにはならない。
厳しい


Intelが新アーキテクチャのCPU「Nehalem」を2004年に投入
2002年の古い記事
>Nehalemのトランジスタ数は、ムーアの法則に従えば90nm版で約1億5,000万~2億程度と推定される。クロックは、Pentium 4のNetBurstアーキテクチャを継承拡張するとしたら、65nm版で7~8GHzのレンジに達すると見られる。
なかなかのクロック至上主義でした。





Phenom 9600 Black Edition

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。