東芝、128ギガバイトの大容量SSD

東芝、128ギガバイトまでの大容量SSDを製品化 (日経)
東芝、128GバイトSSDを量産へ 「10万円切る程度」 (ITmedia)
>多値NAND型のフラッシュメモリーでは、メモリーセル1つあたりの記憶容量を2倍に高めている。
ハードウエアのコストは単純計算なら半減するわけで、32ギガバイトで5万円、64ギガバイトでは12万円程度というSSDの価格水準が大きく下がることが予想される。

>多値NANDには二値NANDよりも若干読み書きのスピードが遅いという特性

コスト的にこちらの方が主流になっていくのでしょうけれど、やな特性ですね。
メモリが安いのだから2Gくらいキャッシュとして積んで高速化と高耐久性を希望。


関係ないけど日経の記事で全角数字と半角数字が入り混じっているのは嫌がらせですか。
>全角数字が嫌いな人



コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking