スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GeForce 8800GTは熱すぎ

「そもそも1スロットは無理なのでは」 (10/31)
-----某ショップ店員談
>売れ行き好調のGeForce 8800 GT搭載VGAだが、ここにきて発熱の高さが問題に。リファレンスデザインの1スロット仕様のクーラーが“しょぼい”ため、高負荷時にはGPU温度が90℃オーバーとなる。

いくらなんでも90度は製品寿命がかなり縮みそうですね。

arctic cooling/ZAV02-NV5は、取り付け自体はそれほど難しくないものの、メモリチップにあたる銅版の位置が若干ずれてしまう。ただ、高負荷時のGPU温度は約58℃ほどに下がった。
ThermalTake/TMG ND1(CL-G0080)はメモリチップもしっかりと覆うように装着は可能…だが、その際VGA基板上のFAN用電源コネクタと干渉するため、ピンを折り曲げる必要がある。一度やったら後戻りは不可能となる。こちらも高負荷時のGPU温度は約57℃ほどに低下。


30度近く下がっています。
どうみても欠陥じゃね? と思うような仕様。

まぁ1スロットの方がスリムでウケがいいのでしょうが、ちょっと高杉。


arctic cooling/ZAV02-NV5
ThermalTake/TMG ND1

ELSA GLADIAC 988GT 512MB

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。