Nehalemでネイティブクアッドコア

いよいよベールを脱ぐIntelの次期CPU「Nehalem」
45nmプロセスで製造され、パフォーマンスPCとサーバー&ワークステーションではネイティブクアッドコア版が登場する。
AMDと比べて1年以上遅れてのネイティブクアッドコア投入となりますが、
どこまで性能差が出ることになるでしょうかね?
AMDもサーバ用途向けを先行していますし、自作市場への影響はどうでしょう。

クロックが低めなので現状あまり差がないようですし…



コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking