10万円を切るWUXGA表示の液晶「RDT241W」

三菱、10万円を切る色域92%の24.1型液晶「RDT241W」
・NTSC比約92%の広色域パネルでAdobeRGBの色空間をほぼカバー
・HDCP対応DVI-D、ミニD-Sub15ピンの2系統
・I/P変換回路を搭載
・10万円以下
・解像度1,920×1,200ドット、応答速度5ms、コントラスト比900:1、輝度400cd/平方m、視野角が上下/左右160度

RDT241Wは入力インターフェイスが少ない事がネックでしょうか。
D-SUBを削っても良さそうなものですが、まだ需要あり?

パネルは何かなと製品紹介のpdfを調べたら
TN駆動との事で、さすが10万を切る製品。

なにやら色々と中途半端な感じが否めませんので、
これならもっと頑張ってMDT241WGの方を買った方が幸せになりそう。

Adobe RGBをカバーしてIPSパネルを搭載したWUXGA表示可能な液晶を待っているのですが、
そんな物は発売予定なしでしょうか。

寿命とコストパフォーマンスを無視して、SONYの有機ELTVでも待ってようかな…


「RDT241W」


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking