スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモリー市場(DRAM、フラッシュ)が売り手市場に転じた

一気にメモリの価格が高騰する可能性が出てきているようです。

スマートフォン供給にも激震:材料ストップ、メモリーも大混乱

業界では、価格が1週間で2倍になった1999年の台湾大地震(921地震)以来の混乱を引き起こすとの見方が出ている。
買い手はこれまでの価格照会から一転、提示されれば即買う姿勢に転じており、業界関係者はメモリー市場が一気に売り手市場に転じたと指摘している。

地震が起きても世界の経済活動が止まるわけではなく、日々情勢が動いていますから当然といえば当然なのですが。

生きていくためにも、経済活動の再開が重要となりますので、各企業活動の早期復旧を望みたいですね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。