スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語フリーソフトに付属するスパイウェア

日本語フリーソフトに付属するスパイウェアに注意、ウェブルート調査
>アドウェアでは、1位「CnsMin」、2位「Cydoor」、3位「DriveCleaner」、4位「System Doctor 2006」、5位「GAIN」などとなっている。
(悪名高い)JWordと共に有名になったCnsMinが1位に。
現在どうなっているのか知らないですけど、hostsでJWord関連サイトへのアクセス不可にした設定は今後変えることはありえません。
wikiにこんな記述されるくらいですから・・・
>注意!:以下のサイトにアクセスすると、Internet Explorerのセキュリティー設定によっては、勝手にCnsMin(もしくはその日本語版)をインストールされるおそれがある。
>JWord社によるCnsMinについての説明(http://www.じぇいわーど(以下略))


見解を読むためにリンクを踏んだらインストールされるってどんな地雷なんですか。

ついでになんでタイトルのような事になるのかと言えばwikiには下記のように記載されています。
>JWordアフィリエイトプログラム
>JWordアフィリエイトプログラムは、自分のウェブサイトや自作したソフトウェアにJWordプラグインのインストーラを仕掛けておくことによって、
>ある1人の利用者がプラグインをインストールすることにつき10円の報酬を受け取れる仕組みになっている。
>プログラムにおいてJWordプラグインをインストールさせる手段は不問である。

シェアウェアにした方がよっぽど儲かると思うは甘いんでしょうか。

なお対策としてSpywareBlasterというソフトがあるようです。


シマンテックNorton 360

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

詐欺的セキュリティソフト「DriveCleaner」
なんか、日本語がヘンだ!言葉使いがヘンだ!それが特徴のひとつだ!日本語のUIを持つ詐欺的セキュリティソフト「DriveCleaner」2006/10/12 ウェブルート・ソフトウェアは12日、詐欺的なセキュリティ対策ソフトウェア「DriveCleaner」の日本語版が出回っていると警告した。
AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。