スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

64bit対応版が追加された「Memory革命/RAM Drive Ver.1」「SSD革命/Speed Advance Ver.1 Hi-Grade」


アーク情報システム、搭載メモリを最大限活用できる64bit対応高速化ソフト

両ソフトとも32bitOS対応版は既に発売されていたが、搭載メモリを最大限活用できる64bitOSユーザーから対応要望の声が多く寄せられていた。

Windows7などを高速化するソフト「Memory革命/RAM Drive Ver.1」「SSD革命/Speed Advance Ver.1 Hi-Grade」に64bit対応版が追加されました。

PC搭載メモリを利用しての高速化なので、メモリを大量に積める64bit版の方が効果が大きそうですから期待できるのかな?

(RAMディスク関係はCPUを結構利用するので、高速なCPUが欲しいところではあります。)

ところで、自前でRAMディスクを構築して、キャッシュ関係を移すようにするのと比べて、違いはあったりするのでしょうか


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。