スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日立のSSD、Ultrastar SSD400S

日立GST、同社初の企業向けSSDを発表――最大容量は400GB

Ultrastar SSD400Sでは、日立GSTのエンタープライズクラスのHDD技術と、Intelの34ナノメートル(nm)プロセスによるSLC(シングルレベル・セル)のNAND型フラッシュ・メモリが組み合わされている。

日立GSTの初SSDとなるUltrastar SSD400Sは、企業向け製品として販売されるようです。

400GBモデルは、35PBのランダム書き込みに耐えられる。これは、5年間にわたる毎日約19.2TBのランダム書き込みに相当する。

普通の一般家庭で使う用途なら、書き込み寿命を気にする必要は全く無さそうな性能。

ブラウザのキャッシュはHDDに退避してとか、デフラグは寿命を縮めるので停止とか、涙ぐましい設定変更は不要でしょうが、SLCで400GBって企業向けということもあり、想像つかない値段になりそうです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。