スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NVIDIAの「3D VISION」

4000円で3Dメガネを作ってみた
NVIDIAの「3D VISION」(メガネと送信機「エミッター」のセット)をPCから外したら、ブレブレの3D映像が表示されなくなった。エミッターを接続しないと、フツーの映像しか出ないってオチかよ!

マシンを新調した後も、2000円で買った古いアクティブシャッター式の3Dメガネを流用しようと思っていたのですが、3D VISIONって専用エミッターが接続されていないと駄目なんですね。

昔の3D stereo ドライバーはチェックもなくも3D映像を出力してくれていたのに、何時の間にやら改悪をしていたとは、予想していませんでした。

GTX 460が古い3D stereo ドライバーに対応しているとは思えないので、新マシンで3D立体表示環境を実現するには、3D VISIONの追加投資が必要になるとは予定外です。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。