スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASRock 939A785GMH/128Mを購入して、OS入れ直し

数年ぶりにサブマシンのマザーボードをリニューアルしました。

ABIT AV8-3rd Eye
→ASRock 939A785GMH/128M

変更点
・AGP/PCIの拡張スロットだったのがPCI-Eに!
今のところPCI-Eカードを使う予定はないですけれど、AGP/PCIよりは拡張カードの選択肢が広がりそうです。


・SATA1がSATA2に!
以前はVIA (VT8237)のバグで、SATA2だとHDD/SSDが認識しないという状態でした。
これでジャンパピンでSATA1に速度を落とせないSSDを購入しても問題無しになりました。


・Dual link DVI対応に!
今まで(遺物の)Radeon9600 XTだったので、Dual link DVIに非対応でした。
フルHD以上の液晶ディスプレイに買い換えてもこれでデジタル接続OKです。
(まだCRTモニター使用中だったりして)


・動画再生支援が利用可能に!
前述の通り、H264?ナニソレ時代のGPUだったので、当然動画再生支援なんて使えるはずもなく、遅いCPUをフルに使って動画再生していました。
RADEON HD 4200に搭載されたUVD 2で動画再生支援が効くので、かなり改善されました。
(CPU100%→CPU25%くらいに)


激的に速くなったりしたわけではなく、細かいバージョンアップですが、概ね満足です。

唯一残念なのはAV8-3rd Eye付属のGURU CLOCKが使えなくなったことですね。
CPU温度表示など、ハードウェアモニタリング機能は便利でした。


コメント

No title
毎日読みたいくらい面白いブログです。

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。