スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6コアの「Phenom II X6 1090T Black Edition」が3万円台って安すぎ

Phenomも6コア時代に突入──3万円台の「Phenom II X6 1090T Black Edition」で幸せになる? (1/3)
Phenom II X6は「Thuban」という開発コード名で呼ばれていた“ネイティブ”な6コアCPUだ。
1090T BEの実売価格は3万円台半ば、1055Tにいたっては2万円台になるといわれている。

インテルが999ドルで6コアのCore i7-980X Extreme Editionを発売してきたので、AMDは少し安めの7~800ドルくらいで6コアのデスクトップ向けCPUを発売するのかなと思っていたら、3万円台と驚きの価格設定です。

マザーボードも1万円程で購入出来るM4A87TD EVOなどが発表されていますし、かなり安い金額で6コアマシンを組めることになりますね。

ネイティブでSATA 6Gbpsに対応していたりと、インテルの隙をついたラインナップでかなり魅力的なのではないでしょうか?

これでAMDマシンで、メモリ6スロットのトリプルチャネル構成を組めたら最高だったのに、ちょっと残念です。

4GBモジュールがもっと手に入りやすく、メモリ単価が安ければデュアルチャネルでも全然問題ないのですけれど。

Phenom II X6 1090T Black Edition


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。