スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PowerDVD 10の3D変換機能を試してみた

サイバーリンク、従来のDVDを3D映像に変換できる「PowerDVD 10」の体験版を公開
3D対応のディスプレイやグラフィックボード、3D専用メガネを別途用意することで、既存のDVDを迫力のある飛び出す映像にリアルタイムで変換しながら視聴することができる。

モニターはCRTのT765
3DメガネはアイオーデーターのPLAY3DPC

と、5年ほど前に揃えた3D環境を使ってPowerDVD 10の立体視映像に変換するTrueTheater 3Dを試してみました。

CPRMディスクの再生機能が制限されているそうなので、DVDレコーダーで録画したディスクを再生して視聴。

ある程度の立体感を得ることは確かに出来ていましたので、まったく使えない機能というわけではありませんでしたが、うちの環境では画面の四隅に違和感が感じられ、長時間の視聴は厳しいかなという印象。

結構疲れるのは古くてショボイ3Dメガネのせいなのでしょうかね?
送料込みで2,000円で投げ売りされていたものですし…

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。