慶大・東芝がSSDで1兆バイトを実現する技術を開発

慶大・東芝など、小型記録装置「SSD」を1兆バイトに 12年にも実用化
多数の半導体メモリーを積み重ね、切手サイズで約2000年分の新聞を記録できる1テラ(テラは1兆)バイトの容量を実現した。2012年ごろに実用化し、体に着けて医療データを計測保存するウエアラブル端末や防犯用などの小型センサー向けに応用を目指す。

1兆バイトもあれば書き換え寿命なんて気にする必要がなくなりますね。
HDDは2012年までに1兆バイトを単体で実現する技術進化がなければ、いよいよお払い箱とかになるのかな。
・・・と思ってよく見たら1TB

紛らわしい書き方に騙された(苦笑)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking