スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MicronとNanya、42nmプロセスの2Gbit DDR3メモリを開発

MicronとNanya、42nmプロセスの2Gbit DDR3メモリを開発
米Micron Technologyと台湾Nanya Technologyは8日(米国時間)、銅ベースの42nmプロセスを使用した、2GbitのDDR3メモリを開発したと発表した。2010年第2四半期中にサンプル出荷し、2010年下半期の量産を目指す。

エルピーダは40nmプロセスの2Gbit DDR3メモリを去年の2009年内の量産開始とのニュースが有ったというにMicronとNanyaはずいぶんとスローペースですね。

DDR3への切り替えは今年一杯をかけて移行するので、このペースでの42nmプロセス量産化でも十分と考えているのかな?

早く生産の主力をDDR3に移行し4GBモジュールを量産して、容量単価を下げて欲しいところ。
2GB×2が1万前後で購入できるのに、4GB×2だと4万円前後になってしまっていますから…

無駄に、16GBメモリ搭載を気軽に出来る日は今年中に訪れるのでしょうか。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。