スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H55M Proの自動OCでPentium G6950を4.2GHz動作

若干問題があるようですが、H55M Proの自動OCでこれだけ楽に4GHzオーバーを達成出来るとはなかなか優秀ですね。

ClarkdaleのPentiumが4.2GHzでOCデモ
H55M Proに、Pentium G6950やCorsair製DDR3 1600メモリ「CMX4G3M2A1600C9」などを搭載し、OSとしてWindows 7をインストールしたもの。Turbo 50を有効にしたところ、FSBが通常の133MHzから200MHzに自動調整され、CPUクロック4.2GHzで問題なく動作したという。

とりあえずクロック周波数が4GHz以上まで回るようなら、そうそう困ることはなさそうなのでコストを抑えてマシンを組み上げたい場合は結構良い選択肢なのかも。

メモリはちゃんと選ばないと上がってくれない気はしますが。

Pentium G6950 iconH55M Pro
icon

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。