スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IPSパネル搭載「ColorEdge CG303W」、解像度は2,560×1,600ドット(WQXGA)

ナナオ、AdobeRGB比98%のプロ向け29.8型IPS液晶
ナナオからIPSパネル搭載で解像度2,560×1,600ドット(WQXGA)の29.8型液晶ディスプレイ「ColorEdge CG303W」が3月19日に発売という事です。

直販価格で399,000円とかなりの金額で、流石業務向けのCGシリーズというべきか強気の値段設定となっています。

機能面ではIPSパネルや2,560×1,600ドットと魅力は大きいのですけれど、これは買えません…


その他では、インターフェイスがDVI-D×2のみと、DisplayPort未搭載なのはちょっと意外かな?

ナナオはDisplayPortの普及はまだまだ先と見ているのでしょうが、このクラスの液晶ディスプレイは長く使い続けそうなので、予め液晶ディスプレイ側に搭載してあった方が良さそうな気がします。

少なくともColorEdge CG303Wより先にGPUを買い換える事になるでしょうし、その頃にはDisplayPortはGPU側に標準搭載してありそうですから。


NECもColorEdge CG303Wの対抗となるPA301Wを早く発表して欲しいところ。
値段は20万円台で是非…

iconColorEdge CG303W
icon

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。