PCI Express x1接続の「X-Fi Bravura」

Auzentech、アナログ出力こだわったサウンドカード-PCI Express x1接続の「X-Fi Bravura」
アナログ信号の干渉を抑えるためのアナログ回路は、基板の表側に配置した。DACのダイナミックレンジは114dBで、フィルタ部にはメタルコンデンサを、カップリング出力にはニチコン製のMUSE ESシリーズコンデンサを採用するなどで、音質の向上を図った。

最近めっきりサウンドカードの種類が少なくなりましたが、チップセット側に内蔵されたものでは満足できない人は少なからずいるでしょうから、このX-Fi Bravuraにもそれなりに需要があるのかな?

うちの環境はスピーカー側(MA-10D)にDACが搭載されていて光出力しているので、アナログ出力の性能は全く関係なく意味が無いのですけれどね。□

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking