スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SATA3対応の「RealSSD C300」がMicronから

Micron、SATA 6Gbps対応の高速SSD「RealSSD C300」
PC接続インターフェイスにSATA 6Gbpsを採用した。データ転送速度は、リード最大355MB/sec、ライト最大215MB/secを達成したという。

RealSSDのC200/P200が自作市場向けに流れたと言う話は一切聞かなかったので、今回の「RealSSD C300」もなんとなく日本で発売されるのか望み薄の気がします。

そもそもMarvellチップのコントローラはランダム性能はどうなのでしょうかね?
リード355MB/sec、ライト215MB/secとシーケンシャルの性能はそれなりとなっていますけれど、Marvellチップというのは初耳かも。
(検索かけたらチラホラ情報を見かけましたが)


まあ、黙っていても各社SATA3対応のSSDを開発しているでしょうから、来年には何処かのメーカーから購入できるようになっているとは思います。

やはり判りやすいシーケンシャル速度の高速化重視の競争となりそうでしょうか。

ところでSATA 6Gbps=SATA3って認識で合っているんですよね?
記事を良く見るとSATA 6Gbps接続と言う語句はあるけれど、SATA3とは一言も述べていなかったものでちょっと気になったりして。

(RealSSD C300の英語のニュースリリースにもSATA 6 Gb/sとしか書かれていなかった)

Crucial RealSSD C300シリーズCTFDDAC128MAG-1G1(128GB)
Crucial RealSSD C300シリーズCTFDDAC256MAG-1G1(256GB)

U3S6U3S6

U3S6

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。