スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windowsメディアプレイヤー12の64bit版の動作が軽快だった件。

これまではXP上で重いMP4形式のフルHD動画再生をした場合、(H.264の再生支援機能が無いGPUだったので)まともに再生が出来なかったのですが、64bit版に付属のWMP12で再生したところコマ落ち無し、音ズレ無しで再生することが出来ました。

64bit版アプリの恩恵を初めて受けてちょっと感動。

WMP12には各種コーデックが最初から入っているので、特に他のソフトを使う必要は無いのもいいですね。

もしかして単にMWP12の出来が良く、32bit版のWMP12でも軽快に動いた可能性もありますが、試す前に32bit版Windows7が壊れちゃったから・・・

なお、同じ動画を再生させた時のCPU使用率は以下の通り。
Windows7の方がCPUを効率的に使っているという事なのかな?

XP.jpg
Windows7.jpg
追記

タスクバーにあるWMPの作業フォルダを見ると、
"%ProgramFiles(x86)%\Windows Media Player"
とあるので標準では32bit版に関連付けされているようです。

という事は、32bitのWMP12の動作効率がいいのでCPUをフルに使えるようになりコマ落ちが発生しなくなったと見るべきなんでしょうね。

64bit版を起動するにはC:\Program Files\Windows Media Playerの方を使えばいいのかな?
バージョン情報を見ても、64bitか32bitか違いがわかりませんが。

バージョン12.0.7600.16415は同一で、テクニカルサポート情報を開くと表示される「その他のバイナリ」項目に違いがあるくらいでした。


なお、両バージョンで再生して比べてみても、CPU使用率が確認できるほどの変化は見られませんでした。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。