スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 7発売1カ月、トップシェアは東芝

Windows 7発売1カ月、トップシェアは東芝に
デスクトップPCは、販売台数ベースで21.5%増、販売金額ベースでは16.8%増。ノートPCは台数ベースで23.9%増、金額ベースでは5.3%増となり、デスクトップPC、ノートPCともに販売台数では20%台の高い成長率を記録した。

というわけで、PC販売はWindows7の発売効果が着実に現れています。
ネットブックのために落ち込んだPC販売単価も向上して、PCメーカーとしても一安心?
単にメモリが値上がり傾向にあるから、上昇分を金額に上乗せしているだけかもしれないですけれど。

Windows搭載PCにおけるエディションごとの構成比を見てみよう。やはり最も多いのがHome Premiumの32bit版で56.5%、続いて、Home Premiumの64bit版で28.3%。

Vistaの時と異なり、64bit版の比率が上がっていますね。

うちで利用しているデバイスでドライバが用意されていないのはエプソンのスキャナくらいなので、64bit版で困る人は相当少ないのでしょうね

ただ64bit専用のアプリはあまり見かけないので、暫くはメモリを大量に使える事くらいしか利点が無いのですけれど。


ところでXPモードって、64bit未対応デバイスを認識させ動作させるように出来たりするのでしょうか?
試しに使ってみるのにはXPモードって面倒くさそうで、ちょっと手を出す気になれないんですよね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。