スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10 Gigabit AT2 Server Adapter(E10G41AT2)を試すならCat6A対応ケーブルを使うべき

RJ-45対応の10GbpsLANカードが店頭発売、動作デモも実施
RJ-45ポートを備えた10GBASE-T対応LANカードが初登場、サーバ向けのIntel製PCI Express x8接続カード「10 Gigabit AT2 Server Adapter(E10G41AT2)」がT-ZONE. PC DIY SHOPで販売中だ。

UTPはCat6eでも問題ないと思いますが、せっかくの10ギガビット・イーサネットの環境なのだから。正式に対応しているCat6aのケーブルを使って欲しかったかな

エイリアン クロストークのノイズの影響も多少なりともあるでしょうし。
もしくは両規格のケーブルを使って、近距離での接続ではCat6eとCat6aの差は無いという事を実演してくれれば面白いかも。

しかし、10ギガビット・イーサネットカードを購入しても10ギガビット対応HUBがコンシュマー向けに登場するのは何時になるのか判らないので、個人の環境では宝の持ち腐れが続くのでしょうね。

10ギガビットの接続速度を活かすには、ストレージも半端の無いスペックが必要となりますし現時点ではまだ個人の環境では明らかなオーバースペックとなっています。。

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。