スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Flash Player 10.1とかYouTubeの1080p対応とか

Flash Player 10.1のDXVAサポートを試す
今回のFlash Player 10.1も、これと同じように、DXVA(DirectX Video Acceleration)に対応することで、H.264のデコードにGPU(シェーダ)を使えるようになった。

AMDではRadeon HD 4000シリーズ以降、Mobility Radeon HD 4000シリーズ以降、Radeon HD 3000以降(チップセット内蔵)、FirePro V3750/V5700/V7750/V8700/V8750以降。

NVIDIAはGeForce 8400 GS以降、GeForce 8400M GS以降、GeForce 8100以降(チップセット内蔵)。

IntelはIntel G4xシリーズとなっている。


ネット兼サーバ用マシンは数世代前のGPUなので当然の如くH.264デコードに対応していませんが、YouTubeで1080pのフルHD動画が主流になったら、動画閲覧も満足に出来ない時代に到達という事ですか。

仮にそうなったらPCにRadeon HD 4000シリーズのAGP版を載せる必要が出てくるわけですが、無駄に消費電力を食うのは目に見えていますので、セカンドマシンまで組み直しを考える必要が出てきました。

もしくはPS3を活用する方向で

・YouTubeからフルHD動画ダウンロード
→PS3 Media Serverに動画をライブラリ登録
→PS3で閲覧

面倒ですね。

PS3でニコニコ動画のMP4コンテンツを見ると、超解像処理されていい感じに閲覧出来ますので見るだけなら問題ないのですが、わざわざPS3経由で見るのは手間が・・・

939A785GMH/128Mを今のうちに確保しておくべきなのかも。
AMD 785GなのでRadeon HD4200を搭載しているし、ほとんどオンボードなので載せ替えるだけで済みますし、何よりSATA1しか使えないというVIAのバグから逃れられるのでSSDも選びたい放題になります。
(今まではIDEタイプかSATA1のMtronか、ボトルネック覚悟でSATAカード経由しか選択肢が無かった)

悩みます。

ASRock 939A785GMH/128M

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。