スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSDが値上がり兆候の理由?

「某社がからむとロクなことないね」――売れ行き好調なSSDに値上がりの兆候
某ショップは「A社とS社がフラッシュメモリ全般を大量に確保しているため、向上の生産が追いつかないという話を複数の代理店から聞きました。その影響で全体的に値上がり傾向にありますし、人気モデルが売り切れても再入荷までに時間がかかることがザラになっています。

A社とS社はアップルとSONYですかね?
最初はサムスンかと思ったけれど、自社でフラッシュメモリを生産しているサムスンは無いだろうと。

それはともかく、フラッシュメモリを買占めに走るとはiPhoneとウォークマンが好調なんでしょうか。

1年ほど前は凄い勢いでSSDの価格が下がっていましたが、今は価格が安定してしまってあまり値が下がる兆候がありません。
メモリと同じくSSDの価格も安すぎたので調整中なのかもしれません。

SSDはシステムドライブとしてしか利用するつもりは無いので、容量自体は32~64GBでも全然構わないのですけれど価格を維持するのなら、SATA3規格対応の超高速SSDでも投入してくれないですかね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。