スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルピーダの7~9月は営業黒字

エルピーダの4~9月、最終赤字516億円 7~9月は営業黒字
売上高は24%減の1684億円、営業損益は414億円の赤字(前年同期は401億円の赤字)だった。ただ、四半期ごとの営業損益は3期連続で改善。7~9月期の営業損益は8億円の黒字(前年同期は245億円の赤字)に転換した。DRAM製品への需要が4~6月期に比べて大幅に増加、パソコン向けDRAM価格の上昇や開発品種の絞り込みによる開発費削減などが効いた。

先月の速報値より7~9月期の営業損益が3億円ほどプラスされて、8億円の黒字となった模様。

DRAM価格が上がっていますから、そりゃ黒字化するでしょう。
少なくとも年末(旧正月?)まではDRAM価格が2ドルを下回るとは考え難い状況ですし、このままDRAMの価格が2ドル後半で堅調に推移していけば、来期のエルピーダの決算は期待出来そうかも。
(株価は現在微妙ですけど)

日本のメモリメーカーが無くなってしまうのは避けて欲しいので、ほどほどにメモリ価格が安定してくれた方が良いとは思いつつ、いざ自分がDDR3メモリを買う時になったら暴落して欲しいと思うのは我ながら自分勝手です。

次のPCの構成が決まらないままWindows7が発売され、そのままメモリ価格も上昇し続けてちょっと涙目。
流石にDDR3メモリが4GBで2万円とか暴騰は無いと思いたい。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。