スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DDR3に世代交代でDDR2価格は上昇中

主流メモリがDDR3に実質交代?、DDR2は価格も上昇中
Windows 7の登場と時をあわせるようにして、メモリの主役が交代しつつある。
店頭ではDDR3の売れ行きが増し、主流のポジションを磐石に。反面、これまで安価だったDDR2メモリがここ数週間で価格急騰、価格差が目立って縮小しつつある。

モノが生産されなくなれば、結果的に価格は上昇しますからDDR2メモリの値下げは期待できないですね。
エルピーダも年末に向けてDDR3メモリの生産にシフトすると8月ごろの決算発表で表明していましたし。
ですので、メインストリームだけでなくローエンドの機種でもDDR3メモリが本格的に採用されるようになれば、DDR3メモリに関しては値下がりが期待できそうです。
とは言っても、それも恐らく来年以降の話でしょうが・・・

それとも高値安定になったりとかは・・・よほどWindows7マシンが売れない限りはないかな

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。