スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USBメモリからWindows 7をインストールを可能にするWindows 7 USB/DVD Download Tool(WUDT)

Microsoft、「USBメモリ入りWindows 7」の作成ツールを提供
このツール「Windows 7 USB/DVD Download Tool(WUDT)」は、Windows 7のISOイメージから、同OSをインストールするためのブータブルUSBメモリを作成する。


Windows7のインストール用USBメモリを作成するのには、何GBのUSBメモリを用意すれば容量的に足りるのかと思って確認してみたところ、インストールDVDの容量は2.33GBという事でした。
という事は2GBのUSBメモリでは容量不足となるので、最低4GBの容量は必要となります。

USBメモリ自体はかなり安いので適当な価格のものでも良さそうですが、それなりの速度が出る製品を選ばないとファイルのコピーや実際のセットアップの際に遅くてイライラする羽目に陥りそうです。

いつかUSBメモリ版のWindows OSも発売されるかも知れませんが、DVDメディアの製造コストを下回ることは無さそうなので完全に取って代わる事は今のところは想像ができません。

USBメモリ版よりも、ダウンロード販売でデータをダウンロードさせ手持ちのDVDかUSBメモリに各自コピーしてセットアップ、という方式になる可能性のほうが高そう。

グリーンハウス [GH-UFD4GBS] USBフラッシュメモリ4GB Ready Boost対応

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。