スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスター映像も高画質化する「SBMV Extend」を導入--BD版「攻殻機動隊」で採用

SPCLがマスター映像も高画質化する「SBMV Extend」を導入--BD版「攻殻機動隊」で採用
カラーバンディングとは、映像のグラデーション領域などで、階調の変化点が等高線のように帯状に見える現象。ソニーPCLでは、10ビットのオリジナルコンテンツを8ビットのBlu-ray Discにエンコードする際に生じるカラーバンディングを「Super Bit Mapping for Video」(SBMV)技術で低減していた。

いい加減、8bitで収録するのはどうなんだろうと思います。
ブルーレイに10bitで収録する事は規格上できないのでしょうかね?

わざわざこんな無駄技術を開発するくらいなのですから、BD規格は8bitしか扱えないと見るべきなんでしょうけれど。
そうするとDeep Colorに対応したモニターなどは、どういった場面でその機能が使われるのかが謎な気がします。

業務用向けの機能を、取り合えずTVにも搭載しているだけなのかな。

攻殻機動隊 Blu-ray S.A.C.2nd GIG Blu-ray Disc BOX

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。