スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 7のリモート・デスクトップ接続機能解説記事

Windows 7 Enterpriseの「リモート・デスクトップ接続機能」を徹底解剖
windows 7のすべてのエディションには、最新のRDP 7.0が搭載されている。RDP 7.0対応のリモート・デスクトップ接続クライアント(バージョン6.1.7600のMstsc.exe)は、すべてのエディションで利用できる。

昔、XPのSP3になったら、リモートデスクトップがバージョンアップして複数同時接続をサポートするという記事を読んだ記憶があるのですが、Windows7でも同時接続については何も言及されて無い辺り、まだサポートされていないという事なんでしょうね。

リモートデスクトップでログインしているところに誰かがログインしてくると、先にログインしているユーザが問答無用でログオフされるのでその辺りの改善を期待していたのですが・・・
(とはいっても、リモートデスクトップを使う機会は減りましたので、個人的にはすでに重要な機能でもないかな)

それよりもマルチメディア・リダイレクトでリモート先の動画ファイル再生がスムーズに出来るようになった事が大きな進化なのかも。
リモートで再生したオーディオやビデオのファイルやストリームを、ローカルのメディア再生機能を利用して再生する機能。高品質なマルチメディア・コンテンツの再生が可能。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。