スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右手でマウスを使い過ぎたのか、肩の下と腕の筋肉が痛いので対処法について考えてみた。

最初は、単にパソコンの使い過ぎのせいかと思っていました。
なのでパソコンを使う頻度を落とすくらいしか対処できないのか考えていたのですが、パソコンを使う体勢を見直してみたら気付いた点が。

以前から、マウスを使う際に手首に負担がかからないようにと、いわゆるリストレストを使っていたのですが、これを使うと肘が宙ぶらりんとなる体勢になっていました。
つまり体勢的に一の腕の筋肉に常に負荷が集中し続けるようです。

この体勢で一日の半分以上を過ごし、それを年単位で続けていたので筋肉に限界が来たのかなと。


机が広ければ、リストレストに腕を乗せても肘が机につくので負担とならないのですが、物理的に空きが無いので対処の使用も無く・・・

取り合えず、リストレストを使わなければ手首から肘の部分全体で支える体勢となるので負荷が減り、痛みは大分和らぎますので暫く無しで過ごそうかなと思います。

根本的解決は、PCデスクを買い直すか、肘置き用のアームレストを購入するかですね。
デュアルモニター設置スペースを確保する為にもPCデスクを買いなおそうかな。

アームレスト:Donyaダイレクト DN-ARM210


コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。