スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USB3.0対応の外付けHDD「HD-HU3」と、インターフェイスカード「IFC-PCIE2U3」

バッファロー、世界初を目指すUSB 3.0対応HDDとI/Fカード
【特別編】バッファロー、USB 3.0対応製品開発者インタビュー
試作モデルをいち早くお貸し出しいただいて速度を計測してみましたが、実際に130MB/secを超える速度が確認できました。
限界を見るといった意味でSSDを接続して試しましたが、その場合には200MB/sec以上の速度が出ているのは確認しています。

単体HDDでの利用に限って言えば、USB3.0接続でインターフェイスがボトルネックとなる事は
完全に無くなりますね。

HDDを内蔵して使う事が無くなる時代が来るのかも。

ただ1TBの「HD-H1.0TU3」が21,000円でインターフェイスカード「IFC-PCIE2U3」は5,565円
という事なので、現時点では金額面ではあまり魅力が無いのは確か。

インタビューでも言及されていますが、本格的な普及はチップセットにUSB3.0が標準で搭載され、
SATA-USB3.0変換アダプタなども安価で登場してからとなりそうです。

HD-H1.0TU3HD-H1.5TU3HD-H2.0TU3

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。