スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝のSSD、256GBモデル「THNS256GG8BBAA」と128GBモデル「THNS128GG4BBAA」がアイオーデータから

速い!東芝のSSD、アイ・オーが独占販売

2009年内をめどに、東芝が製造する2.5インチ型SSDを、アイ・オー・データ機器が自社ブランドでパッケージ化し、家電量販店やパソコン専門店向けに出荷する。
今回発売するのは、64GB、128GB、256GBの3モデル。価格は未定だが、記事執筆時点で128GBで5万円前後を軸に調整している。>

東芝単体でSSDを発売するのかと思っていたらOEM出荷でアイオーデータからの発売となるようです。
64GBモデルは半額より高めの2万6000円位となるのでしょうかね?
ちょっと高め。

順次読み出しで230MB/秒前後、順次書き込みで 180MB/秒前後。
データ量を512KBにしたときのランダムアクセスでは、読み出しが210MB/秒前後、書き込みが120MB/秒前後。
データ量 4KBのランダムアクセスでは、読み出しが19MB/秒前後、書き込みが18MB/秒前後となった。

性能は良さそう。
インテルのSSDのシーケンシャルライトが遅いところが気に入らなければ、
東芝のSSDも選択肢の一つとして検討の余地ありかな。

256GBモデルがTHNS256GG8BBAA
128GBモデルがTHNS128GG4BBAA
覚えにくい型番です。

そういえば以前、東芝のSSDコントローラーは寿命を延ばすための仕組みを搭載しているような
インタビュー記事を読みましたが、このSSDも当然その仕組みは導入済みと考えてOKですかね。

iconiconSSDN-ST64BiconiconiconSSDN-ST128BiconiconiconSSDN-ST256Bicon

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。