スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Braidwood」でSSDとDRAM市場を駆逐?

SSD市場を脅かすインテルの高速化技術「Braidwood」
Objective Analysisによると、Braidwoodはチップ業界の勢力図を一変させる可能性を秘めているという。ハンディ氏は、「PCにNAND型フラッシュ・メモリが搭載されるようになると、NAND市場が活性化する一方でSSDとDRAMの市場は軟化する。標準化団体ONFi(Open NAND Flash interface)に準拠するNAND型メモリをすぐに生産できないメーカーにとっては脅威だ」とリポートに記している。

Braidwoodによって、フラッシュメモリをキャッシュのように効率的に使えるようになるので
SSDが不要となる、というのは判らなくはないシナリオなのですが、なんぜそこで一緒に
DRAMが言及されているのかが判りませんね。

DRAMと競合しにくいかと思うのですが、Braidwoodってメインメモリを使うよりも安くて
PCを高速動作させる事が可能なる技術なんでしょうか?

まあBraidwoodの登場がまだ先なので、あまり気にしてもしょうがないのですけれど。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。