スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッファローからプチフリ対策のソフト「TurboSSD」が登場

バッファローからTurboSSDなるメインメモリをキャッシュとして利用する、どこかで聞いたようなソフトが
登場予定との事です。

SSDの「プチフリ」解消へ、バッファローなどソフト配布
バッファロー製品のほか、グループ会社のCFD販売が扱うSSDにも適用可能。ただし、CFD販売のSSDではキャッシュ容量の変更機能を省いている。
他のメーカー製SSDでは利用出来ないように、デバイス名を見て適用するかどうか
判別しているのですかね?

ソフトでアレコレと対策するよりも、安くなったINDILINX製コントローラー搭載の
S592辺りを買ったほうが面倒がなくて良さそうな気も若干しますけれど。

ターボSSDに効果は果たして何処まであるのでしょうか。


S592S592

S592

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。