スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DRAMをクロックアップしたVertex Turboシリーズ

OCZ、キャッシュ速度を高速化した2.5インチSSD
キャッシュメモリに採用しているSDR DRAMの動作クロックを、Vertexの166MHzから180MHzに高め、高速化を図ったモデル。120GBと250GBモデルではリード速度が最大270MB/sec、ライト速度が最大210MB/secとなった

Vertex Turboシリーズが追加となりました。

だんだんSSDの高速化の手段が、小手先の技術によるものとなってきた気がします。
そろそろ安価な機種での高速化については、技術的に飽和状態?

まあ、SSDの高速化よりも寿命問題・速度低下問題・価格・容量等々、
見直してもらいたいところは沢山あるので話題には事欠かないと思いますけれど。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。