スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハードウェアキャリブレーション対応のIPSパネル液晶「Diamondcrysta Color RDT221WH(BK)」が三菱から

三菱電機、IPSパネルのWSXGA+対応22型液晶
三菱の新型液晶RDT221WHが発表されました。

22インチサイズ、IPSパネル採用、ハードウェアキャリブレーション対応(ソフト付属)、
価格は99,800円という事でRDT221WHはなかなか良さそうですが、
解像度が1,680×1,050ドット(WSXGA+)という点で台無しな感じに。

なんで1920×1200(WUXGA)に対応したパネルを採用しなったのかと悔やまれます。
WSXGA+の解像度というだけで、ライバルとなるナナオのFlexScan SX2462Wに見劣り感があるので
少なくとも購入候補から外れますね。

RDT221WHの機能的に良さそうな点は、ハードウェアキャリブレーションくらいでしょうか?
何処までそこに優位点を感じるかですね。(FlexScan SX2462Wは未搭載)
RDT221WH(BK)

FlexScan SX2462W

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。