Linux版FireFoxはSSDで利用するのに向いていない?

5月版 Firefoxのプチフリーズ問題から始まった大論争

>もっというと、ページ遷移ごとに2.5Mbytesの書き込みを行うこと自体、SSDのような書き込み回数に制限のある媒体では自殺行為です。つまり、どう見ても設計が考慮不足だったわけです。


fsync()やらfdatasync()、sync_file_range()という単語が出てきて、
何を言っているのかさっぱり判りませんが、理解できる部分だけ読むと
Firefox3はWebページ見るたびに2.5Mbyteの書き込みを内部で実施している仕様だったようです。

言及しているのはLinuxなので、Windows版は大丈夫と考えてOKなんでしょうか?
ちょっと心配。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking