スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GIGABYTEからAGP対応Radeon HD4650「GV-R465D2-1GI」が登場

仮にGV-R465D2-1GIを今買っても、マザーの方があと何年持つか怪しいので悩ましい。
ただ、価格が11,700円前後という事なので、あまり大きな出費ではないですね。

AGPマザーに搭載しているCPUの性能では、Blu-rayを再生させるのは難しいのが
殆どでしょうけれど、ATI Avivo HDの再生支援機能に期待して手を出すという選択肢もありかな。

旧型PCに最適、AGPバスのRadeon HD4650 GIGABYTE「GV-R465D2-1GI」代理店正式発表
ビデオメモリはGDDR2 1GB(128bit)、コアクロック600MHz、メモリクロック800MHzで、320基のストリーミングプロセッサを搭載し、スムーズな次世代動画(HD)再生などの再生環境を高める技術であるATI Avivo HDをサポートしている。

今使っているサブ機はRadeon9600XTだからなぁ。
何世代くらい進化していることになるのやら。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。