「JSRedir-R」=「GENOウィルス」だったのね

新たな「Webウイルス」が猛威、感染被害が急増
GENOウィルスと、勝手に日本の一部で言っているだけなので
最初に記事を読んだときJSRedir-RとGENOウィルスが頭の中で繋がりませんでした。

>感染報告数が急増。2009年5月6日から同月13日までの同社の観測データでは、Webページに埋め込まれるタイプのウイルスの42%が、このJSRedir-Rだったという

確かにこの図を見るとJSRedir-Rは凄い感染率です。
まるで新型インフルエンザのよう。


しかしIT雑誌系のページより、有志のまとめページの方が詳しくまとまっているので
なんだかなあ、と思わなくはないです。

せめて、Adobe ReaderやAdobe Flash Playerの脆弱性をついて拡大する可能性が高いので、
最新版にアップデートしましょう、くらいの情報を記載しないのかなと思います。

Acrobat ReaderはともかくFlash Playerの脆弱性って怖いですね。

Flashを使っていない企業ページなんてほとんどないから、導入しないと
閲覧性が悪くなりますし、かといってセキュリティ対策は忘れがちだし・・・

困ったものです。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


AD
検索
カテゴリー+月別アーカイブ
 
RSSリンクの表示
Ranking